不動産投資

少額から始める不動産投資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資に興味があるけれど、何千万もかけて投資するのは不安、調べても専門用語もたくさんあって素人が何から始めたらいいのかわからないという方も多いかと思います。
どうやって始めたらいいのか?少額から始める方法は?失敗しないためには?
大切な貯金を運用することになるので、どうしても慎重になるかと思います。

そこでこの記事では、少額で始められる投資とはどういうことなのか?をご説明します。

 

不動産投資の一般的なマイナスイメージ

不動産投資、一般的なイメージはワンルームマンションなどの区分所有物件を何千万もかけて投資して家賃収入を得て、将来の年金代わりにする。万が一、赤字がでても節税の対象になるというようなアドバイスで投資し、新築時の賃料から、時がたち、賃料が値下りして当初の思惑と異なってしまい、 困ってしまったというような失敗の事例もあります。サラリーマンの場合、中途半端に返済ができてしまうと、給料や賞与の大半、退職金まで、この失敗に注ぎ込まざるを得ないというようなことになる場合もあり、素人が手を出すと怖いというような、不動産投資のリスクばかりが注目されてしまっています。

 

少額から始める失敗しない不動産投資とは

不動産投資の失敗しない指標として、適正な賃料設定であるかどうか、購入金額は将来売却時にも問題ないものかどうか、家賃相場や売買価格は時間の経過とともに変動するものであるが、バブル時のような過熱した状態で投資すると、借入を起こして購入し、不動産の価格が下落してしまうと、債務超過に陥り、売るに売れない自体に陥ってしまいます。

ンルームマンションとは異なり、300万円~500万円など小規模な戸建(再建築不可・わけあり物件・長屋住宅の一部など)を再生して、収益物件とする少額投資不動産が最近、人気がある投資方法です。 小さなものからコツコツと、1つ、2つ、3つと増やしていき、家賃も4万円、8万円、12万円と増やして安定した所得を得る、というカタチの大家業に人気が集まってきています。 このような不動産の多くは郊外にある住宅街で発生している。 少子高齢化のいま、子育て等の役割を終えて、空き家が増えるという減少が起こっているから。 コンクリートの住まいと違って、木造住宅は木のぬくもりを感じることができ、日本人の生活文化に馴染んでいるといえ、リフォーム・リノベーションして小規模住宅も、住まいとして人気が出てきています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【大阪開催】500万円から始められる利回り12%低リスクの「古民家再生不動産投資&物件見学会説明会」セミナー


このセミナーでは初心者でも少ない資産で大家になり、
収益を生み出すノウハウをお伝えいたします。

事例を元に
古家の「仕入れ」から
「修理・リフォーム」と
「収益不動産ビジネス」に参入までの流れ、
必要な資金と収益率、
ビジネスのメリット、デメリット 、
当協会ならではの物件仕入れの仕組み、
「大家の会コミュニティ」でのサポート等、
不動産投資におけるたくさんの不安を解消すべく内容です。
実際に物件を見ていただく見学会や個別の相談会の募集も致します。

ぜひお気軽にご参加ください。

詳しくはコチラ

コメントを残す

*

CAPTCHA